審査なしのキャッシング探検隊

⇒ お急ぎの方はこちら!
Question
審査なしのキャッシングがあると聞いた事があるけど本当にあるんでしょうか?もし見つけたらすぐに申し込みたいのですが。

Answer
いったい誰から聞いたのでしょうか? 審査なしでキャッシングをする業者なんて存在しません。

キャッシングというのは基本的に相手はいま何才なのか、いま働いているのかどうか、年収はいくらなのか、結婚しているのか、他に借入はないのか、など総合的に判断して「返済能力」があるかどうかを審査します。

審査なし=返済能力がない人にも貸すということなら、ニートでも路上生活者にでも貸せるという事になります。そんなことはちょっと考えれば「ありえない」と分かりますよね。

あなたがもし、大手の消費者金融で断られ続けているのであれば、審査が「甘い」(決して審査なしではない)ところを探しているのではないでしょうか。

大手の消費者金融は、確かに審査が厳しいです。それは個人信用情報機関というものを利用していて他社の借入状況や延滞の記録などを見れるからです。また貸し出しは年収の1/3という法律も守らなければならないので審査が厳しくならざるを得ません。

もしあなたが、年収200万以下、他社の借入が3社以上、無職、専業主婦、水商売のいずれかに当てはまるのであれば、ほぼ100%大手の消費者金融ではキャッシングできません。

でも、まだ可能性はあります。街金と呼ばれる融資を行っている中小の会社があります。街金は大手のように個人信用情報などを使わず「独自審査」で融資をしてくれるところが多いため割と審査が甘く借りることができます。また、大手で借りられない人をターゲットにしていることもあり相談にも親身に乗ってくれます。

ただ、1つ注意があります。街金と呼ばれる中小のキャッシング会社の中にはいわゆる「ヤミ金」と区別のつかないものもあります。ヤミ金には絶対に手を出してはいけません。

ヤミ金とは・・・ヤミ金はほとんどお金を貸してくれないだけでなく完済させてくれずにずっと金利だけを永遠と払わされることに陥らせる危険があります。それに詐欺もあります。実際にはお金を借りられず手数料だけ取られておしまいというパターンです。


ヤミ金に引っかからない為にここでは中小でも問題のない業者を紹介しておきます。
>> 安心の街金キャッシング一覧



無職でも大丈夫?

専業主婦を除いて無職では街金でも借り入れは無理です。でも、無職でも現金を作る方法があります。あまりオススメできませんが一時しのぎには使えます。 ⇒ こちらです


街金は怖い?

消費者金融はプロミスやアコム、アイフルばかりではありません。その昔は街をあるけば小さな看板を出したいわゆる街金と呼ばれるお見せがたくさんありました。昔はそういうお店でお金を借りるというのはとっても怖いイメージがありましたが、いまは法律も厳しくなったのでまったく安心して借りられます。

街金は大手の消費者金融や銀行と違って専業主婦やパート、年金生活者、多重債務者にも柔軟に相談に乗ってくれます。

では、街金はどこに行けばあるのでしょうか?一昔前なら街金は街の各所で見かけることができましたが、いまはほとんど見かけなくなりました。その理由はインターネットが主流になったからです。そのおかげで足を運ぶこと無く全国どこからでも借入することが出来るのです。申し込みは携帯、スマホ、パソコンで、融資は振り込みで受けることが出来ます。

自分の住んでいる地域に街金がなくてもインターネットさえ繋がればお金を借りれるのです。

ブラックでも大丈夫?

ブラックというのは消費者金融が決めた基準で審査を通すか通さないかを決める尺度であって、法的にブラックという基準はありません。

短期間にいくつもの消費者金融に申し込んでしまった「申し込みブラック」というのもあれば、返済が遅れたという記録が何度か続いたとかそういうものです。消費者金融としてはとりっぱぐれが怖いのでそういう人には門前払いするところが多いのです。特に大手消費者金融のキャッシングやカードローンはそうです。

ただ、街金は大手と違って本当にお金に困っていて収入もある人ならなんとか貸してあげたいと考えます。だから大手ではブラック扱いでも街金に相談してみると意外と審査が緩く借り入れができる可能性が高いのです。

即日融資は可能?

街金だからといって審査が遅いとか融資まで時間がかかるということはありません。むしろ大手カードローンなんかよりも迅速に審査、融資をしてくれることが多いようです。

お金がないときってだいたい緊急なんですよね。給料日やボーナスまで待てるんならみんなそうしますから。そんな余裕の無いときに即日に振り込みでしかも全国どこでも融資してくれる街金のキャッシングというのは本当に助かるわけです。


サブコンテンツ

このページの先頭へ